いずみのベランダ水耕覚書

3階西向きの小さなベランダと窓辺で水耕栽培やってます。 古いタグは工事中です<(_ _)>

バジル近況

2月26日に種まきしています。
室温で発芽してくれて、ゆっくりながら、ここまで育ちました。
USER3438.jpg

バジルの種は全部園芸でちょこっと科学のともこさんからいただいたものです<(_ _*)> 。

左がパープルバジル、真ん中の普通の葉っぱがマルセイユ、右の大きい葉っぱはボロッソ・ナポリターノ。

昨秋にも栽培しましたが、それぞれ個性があって美味しいです(^^)

二つ空きがあるところは先日まで青ジソが入ってました。

バジルより葉っぱの巨大化が早いので、ペットボトルにお引越しさせたばかりです。

USER3439.jpg

セルトレイの上にペットボトル上部を置いているだけなので引っ越しは簡単です。
バジル達も、はやく独り立ちしてほしいなあ。

ワード 省エネ
関連記事
[ 2014/04/16 08:49 ] シソ | TB(-) | CM(4)

大物アブラナ科近況:大間違い(これも間違いかも、追記していきます)

園芸でちょこっと科学の菜花の「チーマディラーパ」と、かき菜の「さちうら」。どっちがどっち?の記事を読んで、ほんとにそっくりでわからないよねーと、改めてうちの株を見てみました。

ずらしまきした、まだ収穫期に入っていないチーマディラーパグループをよく見たら

んっ?、端にある小さ目の株の葉が違うよ?
USER1756.jpg

ぜーんぜん、違う。
USER1759.jpg

とすると、左の丸っこい葉がカキナでいいようです。

でも、カキナグループと思っていたエリアには1株しか丸い葉がないんです!!!。
つまりカキナはたったの2株で、残りは全部チーマディラーパ(9株もある)ということになります。
そりゃ、どれも似てるはずです・・・。

虫や水切れで、ダメになった株を処分する際に、ぐちゃぐちゃに混ぜてしまったようです。

自分では、ほぼ正確に選り分けたつもりだったんですが、ありえないくらいのデタラメでした。
密植ゆえに葉っぱが入り乱れてるし、花芽が出てない株は全然気にしてなかったみたい(^^;。

チーマディラーパ
USER1619.jpg


カキナと思われる株
USER1757.jpg

全然違いますね orz



追記)
ギザ葉の花蕾で、甘いのとほろにがが混じっていました。
まだ取り違えているのかもしれません。
収穫時期は、あと1,2週間かかりそうなので、その頃お味を比べて、追記します<(_ _)>


地球温暖化
関連記事
[ 2014/03/10 10:51 ] その他アブラナ科 | TB(-) | CM(6)

大物アブラナ科近況:うどんこだー

プチヴェールを撤収したので、超密集状態にある、カキナとチーマディラーパの株間をちょびっとあけることができました。

  カキナ(これでも葉を落として、株間をあけた状態
USER1561.jpg

  チーマディラーパ
USER1552.jpg

カキナはミニゴミ箱に3株の密植の上に、ゴミ箱間の株間ゼロという無茶をしていました。
USER1560.jpg

間引きをさぼったので、9株もありますが、当初の予定通り、3株までにするべきでした。
当然のむくい?として、ヤツがきたんです。

うどんこ
USER1551.jpg

よく見たら、カキナにもチーマディラーパにも、けっこうある( ̄□||||!!
寒いのでゴミ袋かけっぱなして蒸れてる上の密植なので、当たり前か・・・

野菜高騰の折り、葉っぱも戦力になってほしかったけれど、赤信号が点灯しそう。

それにしても普通のアブラナ科もトウダチの季節になるのに、花蕾をいただくカキナに気配がない。
むりやり頭頂部をこじあけてみると、一株だけはそれっぽいのがありました。

   ここから、こじあけないとわかりませんが(^^;)
USER1554.jpg


少しでも株間を広くしたことで、うどんこが押さえられたらいいのですが・・・
ここからは、ゴミ袋をかけるのは、よほどの低温にならない限りやめようと思います。

ワード 地球温暖化
関連記事
[ 2014/02/18 07:46 ] その他アブラナ科 | TB(-) | CM(4)

大物アブラナ科近況:チーマ・ディラーパにツボミがつきました

園芸でちょこっと科学のともこさんから種をいただいて、かき菜とチーマ・ディラーパを育てています。
種まきは9月10日。

かき菜は来春にならないと収穫できませんが、チーマ・ディラーパは順調ならこの冬に収穫できるはず。
(できないとえんどうの場所がない

オータムポエムより種まきが遅いとはいえ、そろそろ気配ぐらいほしいぞと毎日のぞいていましたが、ようやく蕾らしきものを発見しました。
USER1409.jpg


大型野菜だというのに、とんでもない密植になっています。
理想株間の10分の1もないでしょう・・・
今でもひどいですが、収拾がつかなくなったら、根っこはからまってるから、一部を株ごと収穫です(><)
  チーマ・ディラーパ
USER1424.jpg
  かき菜
USER1425.jpg

2,3株もあれば十分なはずですが、数えてみたらどちらも8株ずつあるみたいです・・・
トウを長くのばして、争ってくれないかなあ。

ワード 地球温暖化
関連記事
[ 2013/12/05 09:00 ] その他アブラナ科 | TB(-) | CM(3)

大物アブラナ科近況:オータムポエムにつぼみがついた

8月23日に種まきしたオータムポエムが待望の蕾をつけてくれました。

数で勝負するつもりでしたが、後発組を水切れで枯らせてしまい、今生き残っているのは5株だけです。

USER1115.jpg

真ん中につぼみがあるでしょ
USER1114.jpg

今年もハダニがしつこく、小さいアオムシにまで入り込まれています。
アブラナ科の青菜はこの時期はうちではダメですね。
キク科のサンチュまで全滅させられました( ̄- ̄メ)チッ

オータムポエムはまだ被害は小さく、メインが花蕾なので、何とかなりそうです。

プチヴェールは昨年より少し小さいように思いますが、3株あるのでこれで十分です。
USER1123.jpg

これで1株1Mの幅を取られたら、かなり狭いですし、室内退避させるのも大変ですから・・・
今の予報だと台風27号が直撃しそうなルートになっちゃってるし(-_-;)

先週の台風のときに、移動の際に折ってしまった葉を食べてみました。
冬場の甘みののった味には負けますが、けっこう美味しかったので、手に負えなくなったら1株は間引き菜(笑)になってもらいます。
もうキャベツ半球ぐらいの葉っぱはありますから(^^)

ただ問題がひとつ。
USER1121.jpg

こういう葉っぱが何枚かあるんです。
明らかに食べられてるんですが、フンもないし、虫は見当たりません。
なんだろう???
一度小さい甲虫に入られて、出て行ってもらったことがありますが、まだ仲間がいるのかな・・・


そして
かきな、チーマディラーパの先発隊です。
USER1119.jpg
左下はアオムシにかなりやられました。


後発隊。
USER1118.jpg

後発隊の真ん中の4株がチーマディラーパ、両端がカキナのはずなんですが、そっくりです。
先発隊は植え替え時に混じってしまいました orz。

カキナのほうが葉に丸みがあると思うのですが、収穫時期はカキナのほうがはるかに遅いはずだし、チーマは蕪なのでいずれ見分けがつくはず・・きっと(⌒^⌒)b うん

どちらも大きくなるお野菜のはずだから、明らかに株数が多いですが、場所がある間は予備もかねて育てます。
オータムポエムを一気に減らしちゃったし。

アブラナ科の小型葉物はハダニに壊滅させられました。

外はこれからは減ってくるでしょうが、室内でもハダニは避けられないので、撤収作業がむなしくなってきました。
ということで、室内ではスプラウトにはまりかけています(^^)

ワード エコマーク
関連記事
[ 2013/10/22 09:33 ] その他アブラナ科 | TB(-) | CM(6)

大物アブラナ科近況

プチヴェールです

USER1033.jpg

ようやく去年の大きさに追いついてきました。
ネットをはずすと、葉っぱが横に広がって70センチくらいになると思います。

プチヴェールの赤ちゃんも見えてきました。
USER1034.jpg


ナバナ祭りの先陣を期待しているオータムポエムです
USER1041.jpg

まだ、かきわけても蕾の気配はありません。
オータムっていうぐらいだから、そろそろお願いしたいところです。

そしてナバナ祭りの本隊として期待しているのが、この2品種。

上がチーマディラーパ、下がカキナ(たぶん)
USER1035.jpg
園芸でちょこっと科学のともこさんから種をいただきました。
大きくなる品種のようですが、夏野菜が終わるまでは、このスペースで育ってもらいます。

ワード 地球温暖化
関連記事
[ 2013/10/04 08:18 ] その他アブラナ科 | TB(-) | CM(0)

ナバナ祭りを目指します

園芸でちょこっと科学のともこさんから、種をいただきました O(-人-)O アリガタヤ。

USER0990.jpg

左からパープルバジル、マルセイユ(バジル)、ボロッソ・ナポリターノ(バジル)、さちうら(カキナ)、セリフォン(カラシ菜) 真ん中下が、ともこさんのありがたい手書きイラスト入りのチーマディラーパです♪⌒ヽ(*゜O゜)ノ スゴイッ!!!


チーマ・ディラーパとカキナは、すでに種まきしているオータムポエムと合わせて、ナバナ祭りの主力になってもらう予定です。
さちうらは、”家庭菜園では、2~3株を育てておくだけで、3~4日ごとに適量を収穫することができます。 上手に管理すれば、一か月半以上の長期にわたり収穫できます” とのことなので、期待大。

以前畑のオータムポエムを見て、あまりの大きさ、たくましさに同じ種からできたものとは信じられない違いに驚いたことがあります。

カキナも同じでしょうが、きゃしゃなベランダのオータムポエムも美味しくいただけたので、場所なりにたおやかに美味しく育ってくれればそれでよし。
ある意味、がっしりとした市販品とは別物の美味しさで外では買えないお野菜ともいえるしね(^^;)

チーマ・ディラーパはカブの花蕾をいただくものだそうです。

早速、昨日の夕方に種まきしましたが、どちらも発根しています。
USER0991.jpg


ついでにバジル達も種まきしてしまいました。
バジルは今からでも発芽さえしてくれれば、お味見させてもらえるかもしれないと、たくさんいただいたから冒険してみました。
室内は窓をあけても28度強をキープしているので、間に合うと思ったんですが、どうかな。

先発隊のオータムポエムは、まだ小さくて本葉4枚というところです。
USER0988.jpg


ナバナじゃないけれど、アブラナ科のエースとして期待してるプチヴェールはここまで大きくなりました。

USER0989.jpg

去年は今の時期に幅50センチありましたが、今年は40センチ程度です。
定植が遅れたからかなあ・・・でも虫食いもなく順調です。
うちでは葉っぱが本命なので(普通は脇芽のプチヴェールです)これからは、虫から守らなくちゃ。


ともこさん、ありがとうございました。
がんばって育てますね( ̄0 ̄)/ オォー!!。
ワード エコマーク
関連記事
[ 2013/09/11 08:44 ] その他アブラナ科 | TB(-) | CM(6)
     

Sodatte 
10~15で播種 24~29で移植
 
タグ(工事中)