いずみのベランダ水耕覚書

3階西向きの小さなベランダと窓辺で水耕栽培やってます。 古いタグは工事中です<(_ _)>

インゲン初収穫

上段に置かれて放置状態のインゲンですが、きゅうりのなるなる(真ん中のでかい葉っぱ)に追いつめられてきました。
日の当たらない葉が黄色くなっています(>.<)
ANPT1374.jpg

でも、このインゲンはなるなると違って、働き者です。
5月10日の種まきから、わずか40日でもう収穫できるのですから。
ANPT1375.jpg

まだこれからの花も控えています。
ANPT1376.jpg

とりあえず、大きくなった分は収穫。
ペッパーは早取りしたスイ-トパルレモです。
ANPT1379.jpg

インゲンは密植の上に日当たりもいまいちです。
これ以上負担かけちゃいけないなと、標準サイズより小さ目でもOKにしています。

2度水切れさせてからは、液肥チェックは慎重になっていたのですが、給水ひもが1本めくれあがっていたのに気がつかず、1ポット2株は完全に枯れ死させてしまいました(;´д`)トホホ

グリムス ペットシア
関連記事
[ 2016/06/24 14:37 ] インゲン | TB(-) | CM(4)

インゲンのお引越し

つるなしインゲンのアーロンは5月10日に種まきしました。

順調に大きくなって
5月17日
ANPT0979.jpg

水切れ続きで葉っぱは汚いけど、6月11日には花が咲きました。
ANPT1284.jpg

上段がアーロンです。
ANPT1281.jpg

前記事で書きましたが、インゲンは何度か水切れしています。
10株ぐらい密植してるのに、容器が小さくて、液肥が1Lぐらいしか入らないのです。
このスピードでぐんぐん育ってくるので、液肥勘も追いつきません。
晴れた日だと、想定以上に減っていて、夕方萎れているのを確認するたびに、あわてて液肥を追加してました。

それでも、たった一か月でここまで来るって、アーロンなかなかやりますね(^^)

これから実をつけてくるとなると、もっと液肥が減るだろうから、この容器では無理とようやくお引越しを決めました。
棚の上に置きっぱなしで、下葉とりすらしてなかったですが、はじめて棚から降ろしました。
ANPT1285.jpg

チビインゲンができてる。
ANPT1286.jpg
こうなると急に愛しくなってきます(^-^;

根っこはしょぼいので、お引越しは簡単。
ANPT1287.jpg


セルトレイを重ねて、お引っ越しはバラでできるようにしてあります。
温室をあけたいときに、ペットボトルに移して分散するためでした。
ANPT1289.jpg


ボサボサだけどお引越し完了
ANPT1290.jpg


支柱がないので、無理やり温室にひっかけています。
ANPT1292.jpg

アザミーのおとりになってもらうつもりでしたが、いないみたい(・・∂) アレ?
今年はナスのロッサビアンコに集中していて、あとはキュウリに少しだけ、ペッパーは無事です。

アーロンはツルなしなので、梅雨明けには撤収になると思います。
このペースで育ってくれるのなら、秋狙いでにもう一度栽培してみよう。

グリムス ペットシア

関連記事
[ 2016/06/13 09:37 ] インゲン | TB(-) | CM(0)

水切れから一週間で復活しました(タイトル変更)

6月5日、曇り予報のはずが、晴天になりました。
外出から帰ったら

プチぷよがぐったり・・・
ANPT1226.jpg

液肥はまだ大丈夫のはずだから、青枯れ病か!?、と思いました。
でも、インゲンも萎れてた(・・∂) アレ?。
ANPT1227.jpg

まさか、ただの水切れ?と液肥を見たら、両方ともすっからかんでした orz
あわてて液肥を入れて、回復を待ちましたが、

翌日もこう。
ANPT1233.jpg
ANPT1234.jpg

それでも少しずつ戻ってくれて

今日のプチぷよ。
ANPT1256.jpg

かなり戻ってくれましたが、先端の3花房くらいはアウトです。
ANPT1257.jpg

インゲンも、葉っぱがかなり傷んだものの
ANPT1261.jpg

つぼみも出てきたので、持ち直してくれそうです。
ANPT1265.jpg

トマトはかなり実をつけさせているので、晴れた日は液肥の消費量がはねあがっちゃいますね。
熱中症に注意の予報が出たら、水切れに注意です(>.<)

6/10 追記
>かなり戻ってくれましたが、先端の3花房くらいはアウトです。

昨日、こう書きましたが、生き返ってます。
少しだけ復活した萎れた翌日は、とっさに数を数えて、こりゃ蕾入れると10花房はアウトだとへこんでましたが、まさかこんなに時間をかけて復活してくれるとは思いませんでした。
うどんこも復活してるけど・・・

曇り・雨が続いたことが幸いしたのかもしれません。

今日は久々に熱中症注意の日、気をつけます(`・ω・´)キリッ

グリムス ペットシア
関連記事
[ 2016/06/09 14:27 ] トマト | TB(-) | CM(2)

ナス科以外の野菜

4月8日にこんなことを書いていたようです。

本当なら、今年は自粛が正解だけど、一日の最大給水量を8Lまでにして、まだ買い足すかどうかを考えるつもりです。

本気でした。
一年ぐらいやめとけ、我慢しろって思ってました。

とにかく最低限の水遣りを何とかすべく、液肥容器の持ち方をいろいろやってみるうちに、4L容器も横に持ち手があれば何とかなることに気がついて、いけるんじゃない?と、いう気になってきて・・。

そして、ホムセンに行くと(行くなよw)、なんとかなる、という先送り思考が頭を占拠。
まだ去年に比べたらかわいいもんだし、置けるし、と理性が完全に吹っ飛んだ状態になって、ナス科の苗が増えていきました。

さらに、調子に乗った結果・・・。

まず4月27日に、きゅうりのなるなるを種まき。
ANPT0982.jpg

なるなるが、うちでは一番うまくできたので、種を買ってみました。
苗はどこにでもあるけれど、もう出遅れてるし、新種のアザミーをうっかり持ち帰るのも、こわかった。
翌日に発根しましたが、種帽子がなかなかとれず、5月6日に実力行使でひっぱがしました。
暑くなるまでに、収穫にこぎつけられるかどうか・・・


そして温室の上にでものっけときゃいいかなと、5月10日にインゲンの種まき。
ANPT0979.jpg

さすが5月。
うちにしては、徒長がマシで、まともな苗に育ってます。

インゲンは、アザミーの一番人気。
収量にはこだわらないので、おとりになっていただければとも思ってます、ひどっ。

バジルも出遅れなので、まだこんなん。
ANPT0981.jpg

ゴーヤは定植もしてません。(容器づくりを逃げてる)
ANPT0989.jpg
レッドミニに巻きついていますが、摘芯したので、脇芽が伸びだす前に何とかしなきゃ。

さらにオクラのベニー
ANPT0987.jpg

オクラのピークファイブ
ANPT0984.jpg

トマトの脇芽やらで、もう育苗用のLED棚は満杯です。
ANPT0988.jpg

この脇芽を全部育てるとなると、場所あるもん、とはいえなくなってきます。

でも去年は、トマトはうどんこでまさかの7月早々撤収となったし、小さくていいから秋用の苗は残しておきたい。
あわよくば、梅雨明けまでに、1,2段着果してほしい。

サビや病気は突然来るから、もっと早く脇芽育てておけばなあ・・・と毎年悔やんでいるので、これは、まだこのまま。

ついで。
ANPT0983.jpg
ジャンボ青とうが、絶好調です。
第1果は、ここで摘果します。
購入苗もピンキリだけど、これは当たりみたい(^^)。

グリムス ペットシア
関連記事
[ 2016/05/17 09:12 ] 未分類 | TB(-) | CM(2)
     

Sodatte 
10~15で播種 24~29で移植
 
タグ(工事中)