いずみのベランダ水耕覚書

3階西向きの小さなベランダと窓辺で水耕栽培やってます。 古いタグは工事中です<(_ _)>

カーテンになれないゴーヤ

昨年はゴーヤを4月28日に購入して、5月23日にネットの天辺に到達して摘芯しています。

今年は4月27に購入して、高温・晴天が続いていますから、そろそろ摘芯時期・・のはずなんですが、成長が遅れています。

ちょっとかわいそうな環境にいるのです。
IMGP4929.jpg

でも、少し大きくなってきたので、日が当たりやすくなってきました。
IMGP4926.jpg

今年はカーテンは他の野菜で十分間に合うので、ゴーヤは週に1,2本収穫させていただければ十分と、待遇が悪くなっています。
本当はずぼらっこの後ろで育ってもらうはずでしたが、前にずぼらっこを置いたら、ほとんど日が当たらないので、こちらに移動しました。

左に写っているのは、万願寺さんです。
こちらも着果を始めて、液肥食いになってきたので、ごみ箱に移したいのですが、場所が足りないので、ペットボトルのままです。

右隣のイチゴは今がピークですから、まだまだ伸び伸びしてもらえそうにありません。
IMGP4928.jpg
毎年、イチゴは早々に失敗していたので、今年もだめかと広い容器からペットボトルに大剪定して移動させてから、急成長するとは思いませんでた。
花が咲いても、着果しても、どうせ暑さと虫で撤収必須と本気で信じていました。

もちろん今となっては、ここまできたら収穫したいと思っていますが、尋常じゃないウチの暑さにどこまで耐えられるんだろう。

虫のいない今のうちに室内に入れたい、と思うのですが、お日様を考えると少しでも長く外に出しておきたいところです。
今もベランダでは一番端の日当たりの悪い場所なんですが、この地味な場所から移動させると、虫が来るかもしれないと思うとイチゴを動かすことができません。
日当たりのいい場所は、アブラーやらアザミーが来ていますし。
となると、今しばらく、ゴーヤも万願寺さんもイチゴもこのまま耐えていただくしか・・・(-_-;)。

バカでかい葉っぱが、お日様よこせーと訴えてるような気がします。

グリムス ペットシア

関連記事
[ 2015/05/18 17:11 ] ゴーヤ | TB(-) | CM(4)

ドルチェベリー開花しました

3/14の購入から1ヶ月、思いのほか早く開花してくれました。
    まだ、完全には開いてませんが
P1020755.jpg

数日で白い根っこが伸びてきて、トラブルなしで、4/7に花芽確認。
2花房あって、それぞれ3つ蕾がありました。

花びらが7枚もあります♡。
こんなの初めてなので、嬉しいです。

でも、ちょっと葉っぱがくるん気味になってきました。
ハダニはいないはずなんだけど、濃度かな。

今日ホムセンに行ったら、まだ残っている姉妹達も開花してました。
生育も同じぐらいなので、普通に育ってくれているようです。

ホムセンは、どんどん苗が増えてきて、誘惑が一杯。
枝豆のあまりの立派さにクラクラ ヘ( ̄ー ̄ヘ)))。
なんであんなに、ぶっとい茎がポットで出来ちゃうんでしょ???
ゴーヤを買おうか迷って、今週は何とか耐えましたが、来週手ぶらで帰る自信はあんまりないなあ(^-^;


関連記事
[ 2012/04/15 17:40 ] イチゴ | TB(1) | CM(0)

イチゴ近況

ベランダチェック、無事終わりました (ノ^∇^)ノ やっほー
真夏じゃなくてよかった・・・

蜜香を収穫しました。
確か9つぐらい花が咲きましたが、5ミリもない野いちごにも負ける実はさすがに放置できずに摘みました。
残ったのは5つ。
2つを昨日主人とわけました。
ちっちゃいですよ。
生育にあわせた液肥と摘果はやっぱり必要ですね(*^^*ゞ

前回同様、香りがよくて、エバーベリーと比べたら、かなり甘いです。
市販の苺にも負けてないですが、コピーにあったように甘すぎるということはありません   (⌒^⌒)b うん
もう生きててくれるだけでいいと液肥をかなり薄めでやってきましたので、それは仕方ないですね。
これでこのお味というのは、すごいと思います。
完璧な蜜香を食べてみたい(*^^*ゞ
    最近横に広がってきた収穫後の蜜香さんです

水耕では寒さにあてつつ凍らせないという冬場の管理が大変なので、1季なりの蜜香さんの子苗は取らないつもりです。
後、数回がんばってくれないかな。

ドルチェベリーは、すぐに水耕になじんでくれて、かなり順調です。

大きさも根っこも密香より立派になって、当分無理だろうと思ってた花芽まで、つけてくれました。

今度は、地味に暮らしは南向きのユンイ様のマネをさせてもらって、少しずつ濃度を上げていこうと思います。
設備はとてもムリだけど(^▽^;)
ハダニは蜜香さんだけがお好みのようで、ドルチェは全く無視です。
糖度で劣るからかな?・・・まさかね。

     あれ。。。こんなのあったっけ?


えーっと、前回突然にお亡くなりになったあまごこちの生まれ変わりに、昨日出会ってしまいました(´~`ヾ) ポリポリ・・・

一気に5鉢失ったので、室内のスペースは結構あるんです。
めちゃウマも売ってましたが、それは見送りました(言い訳たらたら~)

花がないほうがよかったけれど、健康そうな株で花が咲いてないのは置いてませんでした。
これでも摘花したので、このままいってみます。
当然、今日は水ですけど(^-^;

こういうのは小さいポットでぎゅうぎゅう詰めにして売られていて、植え替えたら、葉をのびのび広げてくるから、すごく大きくなったような印象をうけます。
狭い密集したところで、どうして花や実をいっぱいつけるように育てられるんだろう・・・
関連記事
[ 2012/04/09 13:34 ] イチゴ | TB(0) | CM(2)

ドルチェベリー


パテェシエによる四季なりイチゴ投票第一位
収穫期間が長くうどんこ病にも強い
限定先行販売

と女子心(すみません^^;)をくすぐるいつもながらのサントリーさんに、またやられました。

投票1位って、何と比べたの?、誰が?、品種内緒にしてやったの?、あんた、そういうの気にしない方でしょ。
第一、新品種だから、どんなものかもわかんないよ。
育て方でお味は大違いって、よ~く知ってるくせに。

という声がどこかから聞こえても、買う気は少しも揺らがず、熱心に苗選び(f^^)。
虫の気配や、変な葉っぱがあるのをボツにしてたら、このコが残りました。

HPに育て方があるとラベルに書いてるけど、まだ載ってない。
これだけ書いてくれたら十分とはいえ、ちゃんと発表がある品種なんだろうか・・・

定植1ヶ月は花を摘むようにといっても、まだツボミもないし、そんなの関係ねー。
とにかく、うちの環境に慣れてくれるかどうかが大問題。

唯一生き残った蜜香もサントリーさんだから、少しは相性がいい(丈夫)と思いたい。
蜜香は甘すぎるのコピーにやられたんだったっけ・・・...( = =) トオイメ

今日の蜜香さんです。

いつどうなるかわからないから摘花なんてしない、心配するほどの花数ないし、と咲くがままにしてました。
少しは摘むのが正解なんでしょうが、今は赤くなってくれたら、それでいいです。
最初の花が咲いたのが、2月の終わり。
暖かいと4,50日で熟すらしいから、今なら2ヶ月ぐらいかかるのかな。
トマトと同じなのね。
関連記事
[ 2012/03/14 09:04 ] イチゴ | TB(0) | CM(8)

トマトとイチゴ近況

滅茶苦茶な液肥を与えられてた親トマトですが、がんばってくれています。

スプライトは芯止めしたからと安心して油断してしまったので、室内なのに2本仕立てみたいになってしまいました。

もともと脇芽をいただくためのものだったから、気にもせずで、甘かったです~。
場所がもう限界なのに、後から出てくる花が大きくて、摘めない(^-^;

スプライトは今まで着果した花房の小さいつぼみは落ちてたから、この環境じゃきっと一花房2つが限界なんだろうと思ってたのですが、ひょっとしたらの希望が捨てられません orz

とにかく折らないようにしなくては。
きっとここで学んで、来年はもうちょっと賢くなれるでしょう。

これはレッドミニ。


室内で、数個のためにジャングルにして何やってんだかとは思うんですけど、この子達が赤くなるまではひっぱりたい。
暖かくなって外に出ていただけるのは、まだまだ先ですよね(ーー;)
うちの明日なんて、雪予報出てるし・・・

本命の脇芽を挿したトマトも全部根付いちゃって元気なので、また場所が・・でもいいことなんだ、きっと。

そして仲間を失っても、元気なイチゴの蜜香さん。
どんどん葉っぱが大きくなって、年初は葉っぱ3枚だったのに、こんなに立派になりました(T-T) ウルウル

でかすぎってことあるのかな・・急に育つと不安があります。
終わった花を入れるとイチゴ候補は9つ。。
10までは摘花しないつもりです。
突然死がこわいので、もうできるときにがんばってもらいます。

前回2度目に失敗したと思っていたほうの菌床も2度目が出てきたので、3個115グラムを収穫しました。

あと3個が成長中です。
一度に100個取れるより、毎週大3個のほうが助かるんですが、これで終わりかなあ。

ところでオキナワスズメウリの種をいただきました。
緑のカーテンで人気が出てきたもので、とても可愛らしい実をつけるんです。
実物見たときに、感激しちゃって。
タキイさんのサイトにあるスズメウリにそっくりなので同じものなのかな?

葉っぱはともかく、残念ながら実は食べられません。
室内で枝を飾って、緑から赤に変わっていくのを見てみたいので、一株栽培してみます。

少しお分けできるので、やってみようかな~という方いらしたら、連絡くださいね

申し訳ないですが、私のお気に入りブログの方か、その方のブログつながりの方限定ということにさせてください<(_ _)>
関連記事
[ 2012/03/09 10:39 ] トマト | TB(0) | CM(0)

温湯処理って!?

図書館から農耕と園芸という雑誌を借りています。
2010年5月号のイチゴの病害対策 基本と実践という特集がお目当てです。


園芸とあるものの、完全なプロ向けの本で、ちょっと私には敷居が高すぎなのですが、パラパラ見ていくと、面白そうな記事がありました。

”アザミウマ、アブラムシ、ハダニなどの微小害虫は47~50度の温湯へ浸漬することで殺虫されることが知られており、同時にウドンコ病菌の殺菌も可能である”

害虫別に殺虫時間と温度の表があるのですが、その但し書きに、48度、5分と50度3分でイチゴ苗への直接的な障害、その後の生育、開花への影響はない、とあります。
50度3分なら100%の防除効果があるようです。
(著作権のからみがわからないので、表を貼るのは避けます。興味あるお友達はメールで聞いてね)

うちのベランダは夏場は50度越えると思うんだけど、ヤツらはすでに温暖化とともに進化しているのでしょうか。

水攻めより、お湯攻めのほうがいいのか?と思っても、さすがにこわいですね。
ちょろっと葉っぱをつけるぐらいならいいかな_(^^;)ゞ


追記)
http://www.naro.affrc.go.jp/project/results/laboratory/karc/2002/konarc02-42.html
に、同様の研究が紹介されています。
他にも、50度を越えると苗に影響があるとの研究があるとの情報をいただきました。
興味を持たれた方は、最新の研究を調べてくださいね。
関連記事
[ 2012/03/01 13:11 ] 害虫 | TB(0) | CM(7)

イチゴ近況

空白の数時間の間に、壊滅状態になったうちの四季成りイチゴ達(x_x;)
ほとんどの葉っぱを落としましたが、数ミリの大きさの新芽があったので、そこだけ残して様子を見ていました。
根っこは真っ黒です。
つい忍びなくて、残していましたが、やっぱり枯れてきます。
カビてきてるし・・・
今日でお別れします(T∇T)ノ~~

ベランダの外側で日光浴させていた四季成りと違い、部屋側に置いていたせいか、なぜか難を逃れた蜜香です。

今ある葉っぱは、ほとんどが今年になって出てきたものです。
購入時にあった葉はもう全部落としています。
ハダニがしつこいときは、古葉を落とすとよいと農家の方のブログにあったので、その通りにしてみました。

洗おうが、薬をかけようが周期的に復活するハダニ(▼へ▼メ)。
うちはハダニの元が飛びまくっているに違いない、出てきたら退治するだけとあきらめてましたが、四季成りも蜜香も古葉を落としたら、ダニの発生がピタリと止まりました。

よほどしつこい卵があったのでしょうか(⌒▽⌒;) 。

ハダニから開放された矢先だったので、壊滅事件は痛かったです(T.T)。
四季なり組は花を咲かせていましたが、蜜香は花芽は全然ないし、葉数も少なかったんです。

さすがに私も明るい未来は妄想できませんでしたが、いつの間にか、つぼみをつけて、花を咲かせてくれました。
今確認できるつぼみは後6つです。
イチゴは下のほうからつぼみをつけてくるし、期待してなかったから、開花の前日まで気づかず、うれしい驚きでした。

なんだかもう、元気でいてくれるだけでいいや、という気持ちになっています。
もちろん、受粉はしましたけど(*゜.゜)ゞポリポリ

おうちで朝イチゴへの憧れは変わってないので、春にまた四季なりイチゴが売ってたら買うと思いますが、こんどは1鉢でいいかな。
関連記事
[ 2012/02/29 10:41 ] イチゴ | TB(0) | CM(2)

イチゴやばいかも

最近、日中はイチゴに日光浴をさせていました。
昨日もお昼前にイチゴを外に出して、出かけていたのですが、戻って中に入れたら葉っぱがボロボロ(T.T)

ただ色が変わってるだけじゃなくて、葉っぱに水分がないような感じでカサカサです。
そして、ヨモギのような香りがします。

何があったんだろう \(||_ _)/ オテアゲ

一季成りの蜜香は、ずっと外暮らしですが、この子だけが無事です。

ということは、慣れない寒さにやられたのでしょうか?
でも、うちのベランダ、下手すると今でもギンギンにお日様あたるところはピンポイントで30度近く来るし。

なんとか新葉が出てくれるといいんだけど。

「('ヘ`;まいったなぁ..




関連記事
[ 2012/02/01 07:41 ] イチゴ | TB(0) | CM(5)

イチゴ近況

ホームセンターで、見事な四季なりいちごが売ってました。
あまつぶ姫? だったかな。
大きな実がいっぱいついてて、うっとりするような大株。
480円でした。
ええ、ほとんど買うところでした。
めちゃウマを名前に負けて、蜜香をあますぎる、のコピーに負けた私ですから_l ̄l○。

元気な大株だから、これは大丈夫だよ、あと1鉢くらいどってことないじゃんという悪魔のささやきの中、株をあれこれと吟味して、コレにする、と決めたのですが・・・

さすがに私も学んでいたようです(-_☆)。

今鈴成りの数粒は当然収穫できるが、問題はその後。
ここまで見事に育ってるからには、温室でいたれりつくせり、やんごとないお育ちのはず。
それを、うちの西日リビングもしくは、一日の温度変化MAX30度のベランダに出したら、どうなる?
ここから水耕に慣らして、春につなげることができる?
秋に買った娘達も、色々問題起きたの忘れたの?。
春になったら、もっと種類が出るし、気温もいい感じになるよ、あわてると後で悔やむよ~。

と天使のささやきがつぎつぎに。
ということで、耐えました (|||ノ`□´)ノオオオォォォー!!

で、今のイチゴ達です。

あまごこち

そういう品種なのでしょうが、最初から葉っぱの数が、やたらと多いです。
でも小さい。
この葉っぱ、減らさなくていいのかな?

そして、花をつけたがります。
小さいのばっかり。
さすがにこれはダメだろうと思います。
全部これから摘花します。

めちゃウマ

春を迎えられるのか、これが一番微妙です。
スタートの葉っぱ3枚から考えたら、大きくなったんですが・・・
新葉は色が薄くてまだらなので病気?、とも思えます。
ずっとこんな感じだけど、育ってきているので、様子見が続いています。
つぼみがありますが、子供つくってる場合じゃないし小さいので、摘花します。

メーカーも
”イチゴはぐんぐん生長し、花芽が次々と上がってきますが、株が十分大きくなるまでは花を摘みます。ランナーが発生した場合は早目に切り取ります。葉が10枚以上展開したら、摘花を止め実を着けさせます。”
と書いてるし。

エバーベリー

2個収穫させていただいたあと、休眠に入りました。
最近になって、真ん中から葉っぱが出てきました。

蜜香

寒さにあてるため基本は外、氷点下予報のときだけ、夜は小窓を開けた部屋に入れています。
外のほうが暮らしやすいのか、葉っぱくるりんもよくなり、新葉が出てきました。
まだまだ小さいですが、もうだめだろうなと思った頃からみれば、希望が持てるようになりました。

シャワーかけても、ハダニは順調に発生しています(`-´メ)
多くはないので、手間ではないのですが、相変わらずイチゴにしかつきません。
関連記事
[ 2012/01/17 13:26 ] イチゴ | TB(0) | CM(10)

蜜香を外に出します

今うちにあるイチゴは、エバーベリー、めちゃウマ、あまごこち、蜜香です。
このうち蜜香だけが一季成りで、他は四季成りです。
今のところ室内で育てています。
冬場になって気になっていたのは、イチゴは冬の寒さにあてないと花芽分化しないと言われていること。

でも、うちのベランダは今も晴れたら高温、乾燥なのでハダニが元気。
えんどう達もやられていますが、株に勢いがあるので勝っています。

この葉っぱの少ないイチゴ達なんて、1日でボロボロにされてるんじゃないかと思うと外に出せませんでした。
困っていた葉っぱが巻く原因も、ハダニのようです。
セロテープ、霧吹き、見つけたら必ず対応はしてるんですが、復活します。

とはいえ、室内において実がならなければ意味はないしなあ・・と思い切って、各メーカーに問い合わせました。

めちゃウマ、あまごこち・・・室内でOK,寒さにあてる必要なし
蜜香・・・基本は外、寒さに当てる必要あり

ということでした。

なので蜜香さんには別行動をとってもらうことにしました。
サントリーのお姉さんのアドバイスのとおりに、いきなり出さないで昼間は外、夜は室内の玄関など冷えたところにおいて、慣らしていくことにしました。
ダンボールに入れて、すきまにプチプチをつめて、株元は少しでも保温していますが、不安(´ヘ`;) 

今日も晴れているので、外に出しました。
風が強かったから、ビニールをかけて。
午前中は5~15度くらいだったので、よしよし、がんばれ~と放置。
ところが、さっき見に行ったら28度ありました(大汗
イチゴは寒さより暑さに弱いのに、人間でもこんなに変化したらきついじゃん(^-^;

蜜香、うちに来たからには強くなろうね。(ハダニ被害が一番ヒドイのは蜜香です)
夏になったらみんなと一緒にいられるから、がんばって冬を乗り切ってください  m(-_-)m スマヌ

それにしても、うちの室内は、アブラナ科、レタス、豆、他色々あるのに、イチゴにしかハダニがつきません。
ヤツら、かなりえり好みするのでしょうか?
外にある豆についてるハダニが、一斉に蜜香にいくんじゃないでしょーね(><)
関連記事
[ 2011/12/20 16:05 ] イチゴ | TB(0) | CM(4)

イチゴ近況

めちゃウマイチゴが一株、突然しおれてしまいました。
水切れじゃないし、病気にも虫のせいにも見えない。

根づまりくらいかなあ、やっぱり狭いのかなと、容器から出して、水につけていました。
でも、だめでした。

まだ小さい株ですが、理由がさっぱりわかりません。
毎日ダニチェックはしてましたが、異常なし、本当に突然でした。

地味に暮らしは南向き(地味南)のユンイ様から、アドバイスをいただいていたこともあり、できるものからお引越しさせていくことにしました。

朝顔に使ったゴミ箱が3つあるから、まずは半分をそちらに移します。

残っためちゃウマッ!いちごです。
ゆっくり大きくなっています。
これはゴミ箱にお引越し。

これはとりあえず底面給水状態で待機中。


エバーベリーです。
虫などで葉を減らしましたが、なんとか元気です。
ややくるりん気味の葉っぱは、ずっとこのままです。
この1個は、収穫させていただきたいです(;人;) オ・ネ・ガ・イ。


あまごこちです。
2株あります。

これは葉っぱばっかり茂っています。
減らしたのですが、それでもわさわさ。
もっと風通しよくしたほうがよいのでしょうか?。
でも、ゴミ箱にお引越しさせたら、これでものびのびしているような感じに見えます。
やっぱり狭かったのかな。


こちらは花ばかり咲いています。
全部摘花しているのですが、もう10個くらい咲いたかも。
同じ品種で、同じ扱いで、どこで違いが出るのやら…c(゜^ ゜ ;)ウーン
でも、これもちんまりまとまって、狭いのでしょうね。
まだペットボトルのままです。
ごめんね、週末に仕入れてくるから、もうちょっと待ってm(-_-)m スマヌ


蜜香
これが一番危ないと思うのですが、この状態でも元気にしています。
身重の今、植え替えして刺激を与えたくないので、当面このままです。


実のついてる株は、当初はもっと葉っぱあったのです。
ハダニや、痛んでるようなのを取っていったら、こうなっちゃって(-_-;)
それでも実は、どんどん赤く大きくなってるので、摘めませんでした。

ハイポニカ1200倍ぐらいにしています。
一度1000倍にしましたが、戻したほうがいいように思ってしまって。

今で6株、ついつい、こんなに増やしちゃいました。
蜜香以外は四季成りです。
初心者なんだから、秋にこんなに手を出すのは無謀だったなあと反省してますヾ(_ _。)ハンセイ…
春まで持ってくれるように、冬越しをがんばらなくちゃ。
・・・・・といっても、行き当たりばったりになるわけですが、注意点などありましたらご教示くださいませ<(_ _)>。


今日の収穫 高速えんどう きぬ一番です。
少しずつとれるので、ありがたいです。
次は週末かな。
関連記事
[ 2011/11/29 15:48 ] イチゴ | TB(0) | CM(4)

イチゴに卵が(>_<)

四季成りのエバーベリーに黄色くなりかけてる葉っぱを発見しました。
それは切りましたが、他の葉の裏に、1ミリもない白か透明な卵が7つぐらいだったかな、ありました。
小さすぎて、私の携帯では撮れません(-o-;

ハダニでこのサイズはありえないでしょう。
アザミウマでもない。

画像検索したら、コナガの卵に似てるんです。
たくさんくっついてあるわけじゃなく、少し離れてパラパラあった
小さいガは先日室内にいたから、主人に外(玄関側)に出してもらいましたが、あいつか?(-゛-メ)

コナジラミの幼虫か卵というのも、ちょっと大きいような気もするけど、そっくり。

おまけに、えらい黒い花があるぞと、触ったらポロッと落ちました(T.T)
原因不明。

室内でも、色々にぎやかですねえ・・・・・orz




関連記事
[ 2011/11/16 14:12 ] イチゴ | TB(0) | CM(4)

手のかかる娘たち

イチゴ・・苦戦してます(^-^;。

まず、ハダニに見つかりました。
葉の枚数は少ないから、丹念にチェックして、退治しました。
たいした量ではなく、手間ではないですが、万一の最終手段の水攻めって、イチゴでもありかしら?

今日、カダンセーフを買って来ましたが、イチゴは今は室内なので、トウガラシニンニクストチュウで様子みてみます。

あと、葉が外側に丸くなってくるコがいます。
原因はわからないけれど、ペットボトルの出口が狭そうに見えました。
これでは根づまりしちゃうなと、とお引越しさせて、ハイポニカは今は1500倍にしています。
根っこは白かったから、水耕栽培の根になっているようです。

でも、ホムセンに出かけたら、もっとひどいのが、いっぱい売ってました。
そうだよねー、気にしすぎ、もっと大らかにならなくちゃ♪

いい面は、新しい葉がどんどんできて、花までぽこぽこ咲くんです。
そして、まだツボミが待っています。
この時期いいのか悪いのかヽ(~~~ )ノ ハテ?

ランナーは切っています。
まず実をならせてから、子孫のことは考えてほしいものです(;`O´)oダメーーー!!
もう、場所ないし。

来年まで持たせる自信もないので、今、実がなったらラッキー、やりたいようにおやり、と放置していたら、こんなになっちゃった。
これは、蜜香。
葉っぱが丸くなってきています・・・。
ヤバいですよね。


これは、無農薬で育てたイチゴという札のあった、エバーベリー
確かに、このコからハダニははじまった (・o・ノ)ノ、でも元気

これ、受粉できてますよね?
お店がクリスマス用のものを出荷してくれたと都合よく思いたいところです。

ランナーがだめだから、種で子孫を残してくれるのかな?
液肥は薄いし、葉っぱも少ないけれど、なんとかここから大きくなってください。

・・・にしても、イチゴで棚1段とっちゃって、コスパは完全無視になってます。

育ててよかった、と思わせておくれ(*・人・*) オ・ネ・ガ・イ♪

追記)
やさいの時間に、ツボミのついた苗を入手して、11月下旬に花を咲かせることができれば、クリスマスごろに収穫ができます、って書いてました。
でも、その後どうしろって書いてない(-_-;ウーン
関連記事
[ 2011/11/09 20:35 ] イチゴ | TB(0) | CM(8)

イチゴ定植しました ヘルプ大歓迎です

苗を買ったはいいけれど、ほとんど衝動買いなんで、どうやったらいいのやら。

まず定植しないと話にならないので、ゴミ箱に2株、ペットボトルに1株で育てることにしました。

ゴミ箱は、根っこが横にぐーんと広がって、下にも伸びてくれるので、ピーマンが元気な大株になりました。
イチゴ達も広々育っておくれ~という期待をこめたのですが、定植してみたら、なんか狭そう。
株間30センチって、後で見たら書いてるのを発見。
まあ、水耕だから、大丈夫と思いたい(・_・;
ゴミ箱からの植え替えはできないから、なんとか折り合いつけて育ってほしいものです。



私が買ってきたのはまだ本葉が2、3枚程度の小苗です。
バラしてみたら根っこはさほど長くなく、培地からちょろっと出るかどうか。
根っこを水耕栽培に慣らすというサイズではありません。

培地はくん炭日向なので、底面給水のつもりで育ててみることにします。
虫除けネットを作ってないから、できるまでは室内栽培で。

でも、どこで液肥にスイッチするかが、さっぱりわからなくなりました。
とりあえずは、予定通り1週間は様子をみながらお水のみにしてみようと思います。

一気に全滅は避けたいので、ペットボトルを先遣隊として1,2日早く液肥濃度を変えて様子を見ていくつもりです(すまん、ペットボトルの子)

イチゴといっても、ハーフな四季成りイチゴで、水耕でやっておられる方をあまり見かけませんでした。
どうやっていいのやら、さっぱりでございます。

 こうしたほうがいいよ~というご意見、どうぞよろしくお願いいたします(o*。_。)oペコッ
関連記事
[ 2011/10/12 13:28 ] イチゴ | TB(0) | CM(9)
     

Sodatte 
10~15で播種 24~29で移植
 
タグ(工事中)